海外転売せどりツール副業ネットガイド

      2017/07/07

米アマゾン、欧州アマゾンの専用アマゾングローバルオンライン講座が登場しました。ちなみに、この講座の利用料金はすべて無料です。いよいよ、アマゾンが本格的に輸出セミナーに参入してくるため、今後の輸出、輸入系の民間の非公式セミナー講座は意味がなくなってきました。amazon輸出 ツール系の業者さんにとっては、かなりの痛手なのは間違いありません。また、このセミナーには、インターネットビジネスに興味を持った方、サラリーマン副業で興味がある方は絶対に公式のアマゾンジャパンにいきましょう。理由としては、料金が無料だからです。

 

アマゾンジャパンが正式に海外輸出をサポートするのは?

アマゾンの謎の基準がありますが、米国Amazonでアマゾンの担当者に指導してもらえるのは、非常に高いポテンシャルの高い出品者のみみたいです。ちなみに、日本アマゾンにサポートしてもらえるとかなり幅の融通ができます

皆様の商品は非常にアメリカでの拡販の可能性があると思っておりますので、ぜひ下記ご一読ください。

「日本の製品をアメリカで販売したい」 「より規模の大きい市場に進出したい」その夢を実現しませんか? その夢、是非サポートさせてください。

去年より日本のセラー様のご希望で海外展開したい方が多くいたため、今年より特別にご案内させて頂いております。

アマゾングローバルオンライン講座開催

日本アマゾンのサポートでカバーできない範囲の出品者の為に解説された新たな講座です。アマゾン出品大学と同じような内容ですのでアマゾンの使用許可をえて、こちらに記載致します。米国amazon 買い方もわかってきたので本当に便利な時代になりました。

 

アメリカ amazonで海外を販売しよう

Amazonの海外グローバルセリングの概要になります。

キャプチャ1

 

 

 

 

Amazon.comで商品ページを作成する際の注意になります。

キャプチャ2

 

 

海外FBAへの納品の注意点

キャプチャ3

 

 

 

米国Amazon.comでの販売者評価機能とは?

アマゾン出品者アカウントの健全性(Account Health)について

キャプチャ66

 

 

 

amazon 海外発送での評価基準Order Defect Rate(注文不良率)、Cancellation Rate(注文キャンセル率)、Late Shipment Rate(発送遅延率)についてです。

キャプチャ00

 

amazon 海外発送での評価基準の違反について、Policy Violations(ポリシー違反)、On-time Delivery(期日内配送率)、Contact Response Time(回答時間)を解説します。

キャプチャ99

 

日本アマゾンにない、Perfect Order Percentage(POP)とパフォーマンスウィジェットとは

キャプチャ11

 

米国アマゾンによせられるアカウント健全性(Account Health)についての相談事例

 

66

 

 

米国Amazon.comでセラーするとなんの販売メリットがあるでしょうか

Amazonで簡単に海外ビジネス展開するができます。世界共通のプラットフォームで、日本よりも高い集客力が見込めます。また、日本でセラーをするよりも、アメリカでセラーをするのはおすすめです。主な理由を4つ上げます。

1. アマゾンの米国のお客さんは、1億人以上なので日本より購買意欲が高いです。
2. 米国法人必要がありません。まあ、詳しいことは税理士さんに聞きましょう。
3. セラーセントラルは日本とほぼ同じです。
4. 日本のFBA同様で利用も可能です。

 

米国Amazon.comとは?

世界マーケットプレイスの数は11の中で最初にできたAmazon.co.jpの本拠地です。場所は、米国ワシントン州シアトルとなります。また、アメリカアマゾンは、世界200カ国に2,500万人の顧客をもち、世界最大のオンライン販売のリーディング・カンパニーです。ちなみに、2000年に、日本語サイトであるAmazon.co.jpをできました。

おなじみのAmazon.comの創設者でありCEOのジェフ・ベゾス社長、アジアの言語情報処理の世界トップクラスのベイシス・テクノロジー社の協力があって今のアマゾンがあります。

 

Amazon.comの取り扱い商品は?

あまり日本では知られていませんが、最初は、音楽、DVD、ビデオ、書籍のオンライン販売からスタートしました。「地球上で最大の品揃え」はもちろんのこと、オンライン特化したあらゆるサービスがあります。Amazon.comのサイトして有名なのは、www.amazon.fr, www.amazon.co.uk, www.amazon.de, www.amazon.co.jpの4つのサイトとなります。

2014年から2018年にかけて米国の越境EC市場規模は1.6倍になると推定され(*1)、米国のAmazon.comでの販売機会の拡大が見込まれています。世界中の人々が訪れる米国Amazon.comで海外販売を始めませんか。日本のAmazon.co.jpと同様、3ステップで海外でも販売できます。

(*1)経済産業省「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」調査結果要旨より

米国Amazon.comの出品プランと基本料金とは

米国Amazon.comでも、日本と同様で、大口出品、小口出品の2種類のサービスプランがあります。大口出品サービスを選ぶ場合は、月額$39.99となります。

 

米国Amazon.com出品制限について

米国Amazon.comで出品される全ての商品は、日本と同じで、各法律、条例に加えて米国Amazon.com上のポリシーを遵守している必要があります。法律に反したもの、危険物などを販売することは固く禁じられています。また米国Amazon.comと日本Amazon.co.jpは異なる出品制限を設けてあります。

米国Amazon.com出品制限商品の例

 

アマゾン違法行為に手をそめる謎の個人起業家

まあ、輸出系でブログが止まっている方はなんらかの海外アマゾンのペナルティがあるでしょう。

法律の遵守、詐欺 当サイトおよび当サービスは、合法な目的のために、合法な方法によってのみ利用できます。参加者は、適用されるすべての法律、法令および規則ならびに行政規制に従うこと、販売に必要とされる免許の取得に同意するものとします。偽名での登録や、無効または承認されていないクレジットカードを使用することはできません。また、他の参加者を装うこと、あるいは他の参加者のパスワードを使用することもできません。かかる詐欺的行為は、日本の民事法および刑事法に違反することになります。Amazon.co.jpは、詐欺的行為を捜査当局に報告し、違反者が法律上可能な限り起訴されるよう協力します。

アマゾンの商標  日本またはその他の国において登録されている場合があります。グラフィック、ロゴ、ページヘッダー、ボタンアイコン、スクリプト、サービス名は、アマゾンの商標またはトレードドレスです。アマゾンの商標およびトレードドレスは、お客様に混同を生ずるおそれのある方法や、アマゾンの名誉または信用を傷つける方法で、アマゾンのものではない製品またはサービスに関して用いることはできません。当サイト上に表示されている商標のうち、アマゾンが所有していないすべての商標は、アマゾンと提携、関連、あるいは支援を受けているか否かにかかわらず、それぞれの所有者の財産です。

Amazonは、2015年3月に、ネット上の有害情報や違法情報の排除に取り組んでいる一般社団法人セーファーインターネット協会に賛助会員として参加いたしました。今後も引き続き、不適切な商品を排除するために、出品者と協力をしながら、出品者に対する出品ポリシーの周知徹底、出品される商品の適切性の確保、不適切な商品の拡散防止の徹底に努めます。

 

 

 - せどり輸出