メルカリロゴの個人ブログの使用ガイドラインについて?

   

最近、メルカリロゴを掲載しているブログが増えてきましたね。今回は、メルカリ側のメルカリロゴの使用制限について考えていきたいと思います。

 

メルカリ ロゴ利用規約

mercari_icon

第4条 利用条件

当社は、掲載者が以下の利用条件に従ってメルカリロゴ・アイコンを利用する場合に限り、掲載者に対して、メルカリロゴ・アイコンを利用することを無償で許諾します。但し、以下の利用条件を満たす場合であっても、テレビ、新聞、雑誌、オンライン記事等のメディア媒体でご利用になる場合は、info(at)mercari.comまでご一報下さいますようお願いします。
※大変お手数ですが(at)を@に置き換えをお願いいたします。

  1. メルカリロゴ・アイコンの利用目的は、外部メディアやSNS媒体等におけるメルカリのサービスそのものの紹介、またはメルカリ内で販売するハンドメイド商品への印刷、刻印等での利用に限ります。掲載者は、かかる目的以外の目的でメルカリロゴ・アイコンを利用してはなりません。
  2. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンの変形、加工、改変を行なってはなりません。
  3. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンを、メルカリ以外の製品、サービス又は媒体がメルカリと混同・誤認されるおそれのある態様(例えば、企業名、団体名、製品名、サービス名又は媒体名の前後及びその名称中の一部での利用)で利用してはなりません。
  4. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンを、アプリのアイコンやロゴの一部に利用してはなりません。
  5. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンを、プロフィール画像や背景に利用してはなりません。
  6. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンを、メルカリと関係のないサービスへのリンクや転送等に利用してはなりません。
  7. 掲載者は、メルカリ以外のサービス、製品又は媒体を示すものとして、メルカリロゴ・アイコンを利用してはなりません。
  8. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンの両脇および上下に十分な空白スペースを確保しなければなりません。
  9. 掲載者は、以下に該当する外部メディアにメルカリロゴ・アイコンを掲載してはなりません。
    1. 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する表現、その他、反社会的な表現を含む外部メディア。
    2. 面識のない異性との出会いや交際を目的とする外部メディア。
    3. 個人情報又はプライバシー情報を不正に取得する外部メディア。
    4. アフィリエイトのみで内容のないもの、特定のウェブサイトへの誘導を目的とするもの、ウェブスクレイピング、ワードサラダ、その他、一般にスパムとみなされる外部メディア。
    5. 当社又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上又は契約上の権利を侵害する外部メディア。
    6. その他、当社が不適切と判断する外部メディア。
  10. 掲載者は、当社が外部メディアを公認又は支持しているとの誤解を招くおそれのある態様で、メルカリロゴ・アイコンを利用してはなりません。
  11. 上記のほか、掲載者は、当社がメルカリ ブランド ガイドラインで定める指定事項及び禁止事項に従わなければなりません。
第5条 掲載者の責任

  1. 当社は、掲載者が本規約に違反してメルカリロゴ・アイコンを利用していると認めた場合、当該掲載者に対して、メルカリロゴ・アイコンの利用停止、その他、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることができるものとします。但し、当社は、かかる違反を防止又は是正する義務を負いません。
  2. 掲載者は、メルカリロゴ・アイコンを利用したことに起因して(当社がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます)、当社が直接的又は間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。

 

 

メルカリロゴの使用できる範囲は?

上記のような規約があります。おそらく、情報教材、コンサルなどを販売している主催者はNGだと思います。メルカリの社長の山田進太郎さんとは、全く関係がありません。また、メルカリの禁止されている商品でもあるのでもってのほかでしょう。情報販売者は、必ず何とはいいませんが転売系のビジネスでフリマアプリを語っている方は、必ずブラックリスト入りがされているのでかかわらないほうがぶなんです。話は少しそれましたが、メルカリロゴを利用できるのは、個人的のブログ利用までだと考えたほうがぶなんでしょう。

 

メルカリが著作権、商標権侵害の出品物を取り締まれてないのに?

まあ、しかたがいないのではないでしょうか。違法出品物をとりしまることが難しい時代ですからね。

 

まとめ

メルカリのロゴが気になった方は、事務局に相談するのもてですよ。テンプレートですが、メルカリのダウンロード数が、去年、1000万ダウンロードぐらい達成して伸びるのと同時に、詐欺師が増えている気がしますので注意しましょう。

 

 - メルカリ情報