チケットキャンプやチケット流通センターでコンサートに行くとどうなるか?

   

音楽業界の成長が著しく厳しくなっている中でも、アーティストのコンサート活動は絶好調である。そんな中で、音楽業界は、副業や業者のチケットの不正転売問題に頭を悩ましている。消費者庁側もこっそりと特定商法の規約を変えたりなど転売の規制に乗り出しているのが現状です。今のチケット転売の現状としてはUSJ側の対策がうまく成果を出していると思います。
自分としては、チケット転売の販売には携わっていませんが政府などの規制強化でチケット転売は今後かぎりなく難しくなっていくと思います。今回は転売チケットでコンサート会場にいくとどうなるかを解説します。

 

チケット専門転売サイトとは何か?

mercari_icon

チケット転売サイトはなんだろうか。有名なアーティストのチケットの値段が定価以上で売っているサイトのことである。有名な所だと、ヤフーオークション、アプリだと「メルカリ」、「チケットキャンプ」、「チケットストリート」といったところである。

音楽業界ではダフ屋の専門転売サイトに頭を悩ましている。なぜかというと、このようなチケット専門の転売サイトからの不正転売や偽造チケットなどの問題を抱えているためだ。チケットの転売に関しては、有名歌手のチケットやジャニーズ関連の関西ジャニーズjr、SMAP、嵐などのチケットを定価以上の値段で売っている残念な方々が非常に多く、ネット業界の一部からは、こうした転売行為を専門でやっている人を転売ヤーと呼んでいる。

 

転売対策としては

rp_DSC_0213-e1460466309446-150x150.jpg

これから夏にかけても、有名なアーティストの大型ライブや人気アーティストのライブが多くありますが音楽業界の現状の転売対策は何をしているのでしょうか。最新の対策としては、ライブ会場の入口でスマートフォンを差し出す。「電子チケット」というシステムが導入されつつあります。
これは、ライブのスタッフがお客さんに向かって、スマホの画面に特殊な機器を押し当て、ライブ会場に入場できる仕組みです。
簡単にいうと、ライブのチケットを申し込みした人が専用アプリをダウンロードして。チケットの画面が表示されることです。また、ジャニーズで話題になっている「顔認証システム」というものあります。これの仕組みは、ライブ会場の当日に、認証システムの前に立つと、コンピューターがあなたを確認するシステムです。
これにより、「なりすまし」や「転売行為」の対策にある程度歯止めがかかると期待されます。
最近の音楽主催者のホームページの利用規約にはこんな文章が追加されるようになりました。

転売を行なったファンクラブ会員は、ファンクラブから除名し、永久的にファンクラブへの入会を禁止させて頂きました
(不正行為による強制退会に関しましては、「会員規約」「チケット規約」及び「チケット先行抽選予約のお知らせ」に記載致しております)。
営利目的によるチケットの転売行為は、一切禁止させて頂きます。
例え都合で行けなくなったとしても、定価以上の金額でチケットを販売した場合は不正行為とみなされますので、絶対におやめ下さい。
不正行為が発覚した場合は、入場をお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承下さい。
チケット券面にも禁止事項として記載させて頂いておりますが、再度ご注意頂きますようお願い致します。
また、今後もインターネットオークション及びインターネットで転売されたチケットで、座席番号が判明したものに関しましては無効とさせて頂きます。
「チケットショップ」及び「ダフ屋」「インターネットオークション」等での転売により購入されたチケットに関するトラブルについては、一切の責任を負えません。
ファンの皆様が不快な想いをできるだけしないように、今後もできる限り対応していきたく考えておりますので、皆様のご理解とご協力を、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

電子チケットの特長とは

IMG_0185

噂の電子チケットの利点とはなんなのでしょうか。
○必要なものは専用スタンプのみ。
○専用ゲートも必要なくスタッフの確認が簡略化
○スマートフォンを持っている友達にはチケットを渡すことができる
○複数枚のチケットは連続でスタンプが押せる。
○携帯の電波環境が悪い会場でもスタンプを押せる。
○ライブや施設の電子チケット利用者に、PUSH通知で継続的にお知らせが可能
○顔写真表示、チケットを渡すことの制限などでオークション対策が可能

 

ヤフーがラインチケット情報サービスを開設

5月11日に、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴと、チケット販売サービスに関する合弁会社「パスレボ」を設立すると発表した。ヤフーのオンラインチケット情報サービス「Yahoo!チケット」が強化される。ちなみに、ヤフーは、『チケットキャンプ』を競合としては捉えていない。むしろ、メルカリ対策のような気がする。新会社では、音楽イベント、スポーツ、演劇、テーマパーク、各種イベントの他にも、公式でチケットを再販できるようにするサービスも計画している。ヤフオクのような末路に陥らないことを願うばかりである。この新サービスでも転売対策を規制するための利用規約がある。

サービス利用にあたっての順守事項

当社のサービスのご利用に際しては以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。

(1)日本国またはご利用の際にお客様が所在する国・地域の法令に違反する行為

(2)社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為

(3)ほかのお客様の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿などをする行為

(4)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

(5)当社のサービス、当社の配信する広告、または、当社のサイト上で提供されているサービス、広告を妨害する行為

(6)ほかのお客様の個人情報や履歴情報および特性情報(第2章プライバシーポリシーにて定義されます)などをお客様に無断で収集したり蓄積したりする行為

(7)サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為

(8)ほかのお客様のIDを使用してサービスを利用する行為

(9)手段のいかんを問わず他人からIDやパスワードを入手したり、他人にIDやパスワードを開示したり提供したりする行為

(10)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

 

プラットフォーム側の規制

キャプチャ6666

あんまり知られてないが、転売で有名なアマゾンでも、『ダフ屋』行為は規制されている。

レビュー、コメント、コミュニケーション、その他のコンテンツ

アマゾンサービスを利用されるお客様は、レビュー、コメント、写真その他のコンテンツの投稿、提案、アイデア、コメント、質問、その他の情報の送信を行うことができます。ただし、それらの内容が、法令に反するもの、猥褻なもの、脅迫的なもの、名誉を毀損するもの、プライバシーを侵害するもの、知的財産権を侵害するもの、第三者を誹謗中傷するもの、不快感を与えるもの、あるいは、ソフトウェアウイルス、政治的主張、商業目的の勧誘、チェーンレター、メールの大量送信やいわゆる「迷惑メール」を含むものは、この限りではありません。虚偽のEメールアドレスの使用、他人または組織になりすますこと、カードまたはその他のコンテンツの出所について誤解を招く行為はしてはいけません。アマゾンは、そのようなコンテンツを削除または編集する権利(義務ではない)を保有しますが、投稿されたコンテンツを定期的に確認しているわけではありません。

お客様がコンテンツの投稿または素材の送信を行った場合、他の取り決めを当サイトが明示していない限り、お客様は、アマゾンに対して、そのようなコンテンツを使用、複製、変更、翻案、公開、翻訳、二次著作物の作成、配布、あらゆるメディア形態で世界中に表示できる、非独占的な、無償の、永続的な、取り消し不可能な、完全なサブライセンスを含む権利を許諾したものとみなします。お客様は、アマゾンとサブライセンスを受けた者が希望すれば、それらに対して、そのようなコンテンツに関連してお客様が送信された名前を使用する権利を許諾したものとみなされます。お客様は、ご自分が投稿されたコンテンツに関するすべての権利を保有または管理すること、そのコンテンツが正確であること、提供したコンテンツの使用がこのポリシーに反しないものであり、いかなる他人または組織をも傷つけるものではないこと、提供したコンテンツに起因するすべての請求についてアマゾンに補償することを表明し、保証するものとします。アマゾンは、いかなる行為またはコンテンツも監視し編集または削除する権利を保有しますが、義務はありません。アマゾンは、お客様または第三者から投稿されたいかなるコンテンツに対しても、責任を負わず、義務が生じることもありません。

この規約によると、法令に反するもの、チケットの場合だと知的財産権に該当するために出品が規制されています。

最近転売業者の逮捕もちらほら見けるようになったので転売自体が難しくなったのでしょうね。世間的の認識も転売=悪いことになりつつあります。

 

主催者が転売プラットフォーム側を規制できないのはなぜでしょうか?

よく疑問に思う人がいますが、早い話、主催者側が転売プラットフォームを規制すればすぐに解決できるのにと思ったことがありますか。実は、独占禁止法という法律ために規制ができないのです。簡単に言うと、値段の競争が自由であるの束縛できないしばりがあるからです。個人的な違法業者を締め出すという部分と主催者側で対策をとるしかできないが現状です。また、再販売価格拘束の権利がありまして、取引業者に取引商品の価格を指示し守らせて、販売価格を拘束できないためです。不当な安売り行為による価格破壊方法が個人的なものによるためなのもこの理由としてあります。しかし、なんとなく、企業同士のカルテルにかかるような気がして問題がさらに難しくなっているのではないかと思います。例えば、主催者側が不当な価格の取引制限をしてはならないあります。 不当な取引制限とは、ある業界に属する事業者が同業者に連絡を取り合って、自主的な値段で決定することです。

 

転売チケットが主催者側にばれるとどうなるか

キャプチャ

ちなみに、自分もアーティストのライブ会場にいったことがあるが、スタッフの方に連行される人をを見たことがあります。おそらくですが、不正転売されたチケットで入場したんでしょうね。ちなみに、主催者側のブラックリストから不正が判明すると、フルネームと自分の住所を確認され、容赦なく退場させられます。
この理由としては、ネットで流出したチケットの画像を主催者側に確認され、詐欺、転売の容疑から尋問に映るパターンです。転売チケットで入ったら最後、主催者側に見つかればと問答無用で対応されるのでご注意ください。

構図としては、主催者側があらかじめブラックリストをして、転売業者の番号を控えて、購入者にペナルティを課すというやり方です。転売チケットで入場しようとは思いませんが、試してみたい方はおすすめはできません。怖いスタッフとやりあうのはさけたいですね。

事業者としては、転売は禁止でファンを大切にしたい気持ちはわかります。まあ、チケット転売によって、アーティストのファンが悲しみので禁止はある程度しかたがない部分なんでしょうね。あまりに、チケット転売がひどくなると親子連れなどの一般の公共施設などに対象が広がり、様々な面で悪影響をおよぼしているのが現状です。どう考えても、本来の目的とは違うのでしょう。

 

まとめ

今日の記事はいかかであったでしょうか。今回はあまりふれられない転売チケットでコンサートに行くとどうなるかを紹介しました。

結局は、転売チケットは違法で年々罰則が強化されているということです。政府側が「転売を禁止する」のも近い将来ありえるかもしれません。迷惑な話ですが、転売=せどり=悪という方程式も出来上がりつつある時代ですので注意したいです。

 - チケットキャンプ情報