アマゾン 本の出品管理に便利な新在庫健全化ツールとは?

   

 

在庫管理で利益アップにつなげるには

販売状況に応じて在庫を適正に保つことにより、収益性の向上が期待できます。 まずは出品者様の在庫の状況を確認するために、「在庫健全化ツール」の重要指標を確認して、どの在庫に改善の余地があるか特定しましょう。

88

チェック診断を基に、優先的に取り組むべき改善策を決めましょう 出品者様の在庫状況によって、以下3タイプの収益改善策が考えられます。

A. 「余剰在庫」に 利益アップの 余地あり

B. 「販売機会損失」 対策で利益アップ

C. 在庫状況確認の 習慣化が利益アップ のカギ

出品者様がどのタイプに優先的に取り組むべきか判断するためにも、①在庫健全化 ツールと②チェック診断表を使って診断してみましょう。 A. 「余剰在庫」に 利益アップの 余地あり B. 「販売機会損失」 対策で利益アップ C. 在庫状況確認の 習慣化が利益アップのカギ

*チェック診断表の診断結果に基づくご提案内容の実施により、収益性の向上等の成果をお約束するものではありませんが、課題の把握や対策などに活用しましょう。

 

在庫チェック診断を受けるための準備

セラーセントラルにログインし、在庫管理画面から在庫健全化ツールを表示してください。 チェック診断に答える際は、赤枠の箇所を参照してください。

83

 

在庫チェック診断をやってみましょう

計9個の質問で、回答が「はい」の場合にチェックを入れてください。A~Cの中で1つでも チェックがあれば、右の対応策がおすすめです。チェック項目の数が多いほど、その対策が有効と考えられます。

00

 

A. 「余剰在庫」に利益アップの余地あり

なぜ余剰在庫が利益を圧迫するか。

チェック診断でAが多い出品者様は、必要以上の在庫(以下、余剰在庫)をお持ちの可能性があります。余剰在庫が多いと、必要以上にFBAの在庫保管手数料や長期在 庫保管手数料を支出してしまうため、余剰在庫の削減に力を入れましょう。 具体例:メディア以外の小型サイズ商品:11.4cm × 22.5cm × 35.5cm 100点が6か月売れ残る場合、在庫手数料は約4.4万円。そのまま全て長期保管在 庫手数料の対象となると、約16万円の課金。売れない商品を維持するためにこれだけ の手数料がかかってしまいます。

77

A.余剰在庫に利益アップの余地あり在庫を特定する方法としては、余剰在庫は在庫健全化ツールの重要指標(①、②)で特定できます。

111

 

①余剰在庫数

90日間で売り切ることが できない在庫を余剰在 庫として表示。 この数を減らすことは、 無駄な費用の削減につながります。

②在庫日数/在庫回転率

販売実績から予測される、在庫日 数と在庫回転率を表示。 在庫回転率が上がるほど、保管費 用の削減、在庫保管数制限の緩和 につながります。

 

余剰在庫の改善方法

~余剰在庫の管理を活用する~ 「余剰在庫の管理(③)」をクリックすると、90日間では売りきれないと予想される在庫一覧が表示されます。商品ごとに、スポンサープロダクトの利用や価格調整など、余剰在庫を売り切るための推奨対策が表示され、1クリックで各管理画面に移動できます。

22

 

コラム:なぜ余剰在庫の基準が90日間なのか (説明:Amazon在庫担当)

Amazon担当の調べによると、あらゆるカテゴリーの在庫分析を行い、

– 欠品しない在庫量

– 保管に関わる諸費用を適切に抑える在庫量

を考慮したところ、販売見込み数量に対して約4~9週間分の在庫量が最適水準とい う統計結果が得られております。 出品者様ごとに在庫の考え方が異なるため、この結果に4週間分のバッファーを持たせ、 最大9週間+4週間=13週間(約90日)を超える在庫を余剰在庫としています。

777

 

B.販売機会の損失対策で利益アップ

なぜ販売機会の損失が起こるのか?

チェック診断でBが多い出品者様は、在庫切れのために販売機会を損失した商品を多数お持ちの可能性があります。在庫を適正量持つことで、収益性の向上が期待できます。 在庫切れになると、商品画面は下記のような表示になることがあります。お客様が欲しい 商品をAmazonで見つけても、在庫切れの場合は購入につながりません。

1111

 

販売機会の損失につながる在庫の特定方法

在庫欠品による機会損失額の目安は、在庫健全化ツールの①で確認できます。また、 欠品しているSKU数は②で確認できます。

0000

①機会損失の予想額

過去30日間の出品者様の欠品在 庫が、FBAで販売されていた場合 に期待できた売上を表示します(=機会損失額)

②在庫切れのSKU

過去30日間に出品者様が欠品した在庫のSKU数を表示します。

 

販売機会損失を防ぐ方法

~在庫補充が必要な出品中商品(③)を活用~ 「在庫補充が必要な出品中商品」をクリックすると、28日以内に欠品する可能性がある在庫が、販売機会損失予想額の大きい順で表示されます。商品ごとに1クリックで「在庫を補充」できる管理画面に遷移できます。

888

 

C.「日々の在庫状況確認」が利益アップのカギ

チェック診断でCが多い出品者様は、継続的に在庫状況を確認する習慣を作ることが効 果的です。将来的な無駄な費用の支出や、機会損失の予防をすることを期待できます。 継続的に在庫状況を確認できるよう、特に対応が必要だと考えられる在庫を知らせてくれる、在庫健全化ツールの「注意項目」を活用しましょう。

在庫健全化ツールの「注意」機能を活用する

早急な対応で収益性の向上が期待できる商品を4カテゴリーに分けて表示しています。

3333

「注意」掲載の4カテゴリー

1. 閲覧数の少ない商品

2. 転換率の低い商品

3. 有効な出品情報がないために販売できない商品

4. 次期の長期保管在庫手数料の対象商品 

 

まとめ

「有効な出品情報がない在庫」は、登録された情報が不十分なため、FCに保管されているが販売できないFBA在庫です。販売機会を損失する上に、常に在庫保管手数料がかかり、無駄な支出につながります。 例えば、FCに在庫があるのに出品者出荷になっている、在庫情報が削除されている等が販売できない主な理由です。早急に再販などの対応をしましょう。

最後に、在庫状況は日々変わっていきます。 習慣的に在庫状況を把握し対策を施すことで、収益性の向上が期待できます。 関連するヘルプページや資料は、出品大学「在庫管理で収益性をあげるためには」の ページ下部に掲載しております。 出品者様ごとの在庫情報を集約した在庫健全化ツールを是非ご活用ください!

 

*再度注意ですが、チェック診断表の診断結果に基づくご提案内容の実施により、収益性の向上等の成果をお約束するものではありませんが、 課題の把握や対策などにご活用下さい。

 - アマゾンセラー情報