トレカせどりとは

      2016/12/30

こんばんわ、マイスターです。今回はおそらくせどらーがあんまりいないトレーディングカードせどりについて紹介します。なぜ紹介したかというと、ブックオフより、ライバルが少ないので仕入やすいとおもいました。

 

 

トレカせどりとは

■セール■森田涼花 オフィシャルカードコレクション トレーニングカード

価格:2,800円
(2016/4/4 17:25時点)
感想(0件)

トレカせどりとは、カードゲーム、キャラクターカードなどをだしてアマゾンやヤフオクで高値で売る手法です。つまり、トレカのTV情報などによって価値が変化した価格差で売る手法です。

簡単にいうと、テレビ情報などによって、トレーディングカードの価値需要が高まり値段が変動すると考えてください。つまり、事前の情報収集によりリサーチが始まる手法です。

 

仕入場所

トレカの場合だと、コンビニ、イオン、トイザラスあたりが有力だと思います。自分の見解としては、地方系(東京、大阪以外)は相当きびしいと思います。中古関係は手間がめんどうなので、自分の場合だと問屋と契約した方がはやい気がします。

 

トレカせどりのメリット&デメリット

遊戯王 カードゲーム プレイマット アニメ&ゲーム M4283

価格:3,650円
(2016/4/4 17:26時点)
感想(0件)

メリット

トレーニングカードの再販が少ないのでカードコレクターが購入する可能性がある。トレーニングカードの商品が小さいため倉庫などの大きな施設が執拗なく保管しやすい。

 

デメリット

トレーニングカードの大量購入で、ライバルと競合して価格の戦争が始まる。自分の予想していた値段までに価格があがらない。アマゾンで最強といわれるアワードクラスとのバトルにより大損するリスクがあります。

 

リスクを回避するため

日頃の情報収集はかかさずに行い、ライバルがいない分野を探しましょう。そして、ライバルとの無用な戦いを避けていきましょう。

 

まとめ

定番のブックオフなどでライバルが多くなってきています。今回は、せどらーのライバルが少ない所を紹介しました。そのかわり法人系の企業がライバルやせどり教材の販売リスクはあります。 ブックオフのライバル増加で頭打ちなっている方は新しい手法として取り入れるのはどうでしょうか。

 - せどり