せどり初心者がこれから選ぶプラットフォームとは?

   

 

これからのせどり参入者に対して、今物販の市場規模が急拡大しているプラットホームを調べてみました。おなじみですが、メルカリ、アマゾン、ヤフーになります。

 

メルカリの場合

利益は次に約100億円をぐらいです。会社の規模の売上は、手数料が10%なので、月10数億円くらいです。

 

アマゾンの場合

米アマゾン・ドット・コムが「赤字体質」の1~3月期の純利益は5億1300万ドル(約545億)です。ちなみに、利益は過去最高を更新しています。売上高は28%増の291億2800万ドルだということです。売上増加の原因は、クラウドサービスが原因です。ネット通販事業やコンテンツ販売事業も好調で、物流量が拡大しています。

 

ヤフーの場合

今の売上高は、6523億円で、営業利益は2249億円で前年度比14.1%増しています。当期利益も1716億円で前年度比29.0%増となっており順調である。

また、「Yahoo!ショッピング」の急速な伸びやECサービス「ASKUL」が連結になったこともあり、国内流通総額が初の1兆5000億円超えを達成している。また、オークションサービスの「ヤフオク!」は、5.9%増の8667億円で堅調に推移している。

 

せどりの無料レポート

上の3つのプラットフォームがせどり初心者には1番いいです。あと、せどり実践教材として、おすすめなのがメルぞうと新しく出来た転売無料図書館フエールです。

簡単にいうと、無料でせどりの情報が手に入るところです。利用に対しての手数料は完全無料です。また、実際に2つの無料レポートを読んでもわかりますが、せどりの内容についてはかなり詳しく解説されています。

せどりを始められてわからない方はレポートを読んで勉強するのもいいと思います。

 

 

 - せどり