アマゾンVS楽天(これから購入率が減少する3つの理由)

      2016/02/14

 

 ネットショップ影響について

楽天の社長さんがいっていましたが、これから円高の影響がネットショップにでるのではないかといわれていました。おそらく、予想としてはこんな影響がでるとおもいます。

円高の説明
つまり、日本で作った製品を海外で売る場合に以前の値段より高くなる(海外メーカーは仮に5円で販売できる)

例としては、
日本のメーカー製のペン1円➡海外に輸出する5円➡海外営業所で日本ペン以前は6円(円高になる7円になる)

アマゾン販売者の影響

アマゾンの購入者が商品を買わなくなる可能性がある。
一般企業賃金カット➡先行きが不安➡アマゾンのお客の買い控えがおきる

これからは、ネットショップで最大な3社のアマゾン、ヤフー、楽天といった所にも少なからず売上に影響がでるのはないかと思います。

どんな影響がでるのか独自で考えてみました

円高の情報を分析すると三つに分類されます。

1.輸出せどりの影響:円高をうけると海外販売が不利になります。2.日本国内の購買率の減少:先行きが不安なため消費者が買い控えをします。

3.ネットショップの影響:購入者が買い控えで影響をうけるのではないでしょうか。

つまり、アマゾンや楽天などのショッピングモールなどの購買率に影響がでるのではないかなと推測します。

 

これからの販売戦略としては

ネットショップのオーナーは、よく売れるヒット商品を探して見極めるスキルを磨かないといけません。購買率が高いものをさがすことにつきます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。これからのアマゾンと楽天の売上に少なからず影響します。つまり、今年は、我々ネットショップの販売業者の売上に影響するので注意する必要があると思います。

それでは、最後までお読み頂いた方は本当にありがとうございました。

 

 - Amazon流ビジネス