イトーヨーカドー ネットスーパーが閉鎖発表せどりの今後の影響

   

せどりでおなじみのイトーヨーカ堂が2017年2月までに20店舗を閉鎖する。

店舗せどりの影響は、深刻になるだろうと予測できます。

せどらーの多くが、知っているお店だけにそのダメージはかなりあるだろう。

来年あたりは、せどりビジネスにおいて、もっともきびしい波がおとづれるのではないだろうかと思います。

世間的に、せどりを規制する風潮なのが一番の理由なのですがね。今後は、さらに加速しそうですね。

本記事では、イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖するリスクをまとめました。

 

店舗せどりのリスク

店舗せどりがきびしくなっていると聞いてほとんどの人々が?マークを思い浮かべると思いますが、近年は規制や閉店の影響が強まっていますね。

ますます、せどらー規制の方法へ向かっていくのではないかなと思うところです。

複数のせどりジャンルを作り、リスク分散を考えないといけない時期ではないかなと思います。

おなじみのピンチからチャンスへという考え方ですが、新しいせどり分野を先に作ってから考える必要があります。まさに、戦国時代ですね。

イオンせどりをメインにしていない所は軽傷ですけど、そこがメインな所はかなり致命的なダメージがあったとみますね。

 

情報教材のリスク

これを専門でやっている塾や情報教材は致命的でしょうね。

店舗の数が減ったらそれだけでせどりの売上の影響が左右されるからです。

販売者、アフイリエターは、自己責任論というでしょうが警察沙汰に発展しそうな気がします。

やはり、市場のマーケティングの調査があまいのがあるんですよね。現場の調査を整えて、情報を集めることに工夫がないといけないとおもいます。

 

せどり規制のリスク

せどりが規制されることはないと思いますが、時代が時代なのであり得るかもしれません。

今の時代、仕入の大量買いが規制されているのでさらに高度なテクニックが必要になっています。

せどりでおなじみな所がつぶれているのできびしくなっているかなとおもいます。

今後も規制する波はやまずにどんどんきびしさをます時代になるだろうなと予想できます。

 

オールジャンルせどりの時代か

店舗を選ばずにできるオールジャンルせどりの時代がきたかなと思いました。

例えは、A➡BだったのをA➡B➡C➡Dのように複数に変えていく。

一つの店舗から複数の店舗を作ることが必要な時代ですね。店舗閉鎖のリスクを避けながら独自情報を作っていくことが大切だなと思いました。

 

まとめ

おなじみのきびしい時代になりましたが、せどりはまだビジネスとしてはいけるものです。

初心者のかたは頑張りましょう。

 - Amazon流ビジネス