amazon 問い合わせで聞きたい在庫管理体制について

   

「余剰在庫」を見極める指標

1.余剰在庫数

90日間で売り切れないと予想されるFBA在庫数です。出品者様の過去の販売状況を基に算出しています。FBAでは、出品者様が必要最低限の手数料の支出で済むよう、 30~60日間で在庫を売り切ることを推奨しています。余剰在庫は必要以上の在庫保管手数料や長期保管在庫手数料の支出に繋がるため、余剰在庫数の削減を目指しましょう。

キャプチャ00

 

2.在庫日数/在庫回転率

販売見込みと在庫スナップショットをもとに以下の2つの指標が算出されます。

在庫日数:全FBA在庫が消化されるまでにかかる日数

在庫回転率:全FBA在庫が消化される回数が1年間に何回あるかという回数

在庫回転率を高く保つことは、余剰在庫の削減につながります。

09

 

「余剰在庫を管理」する

在庫健全化ツールの指標「余剰在庫数」をクリックして、「余剰在庫を管理」を表示します。 90日間で売り切れないと予測されるFBA在庫が一覧で表示されます。

キャプチャ000

 

「余剰在庫の管理」する

ボタンで表示される販売促進の対策は下記4点です。 商品ごとの閲覧数や転換率に応じて、最も効果的だと思われる対策が表示されます。

検索キーワードの改善

スポンサープロダクト (広告)の利用

商品詳細ページの改善

価格調整

*推奨対策の実施により成果をお約束するものではありませんが、対策の検討にご活用下さい。

 

「閲覧数」の少ない在庫を減らす

次に、在庫一覧の右側に表示される、閲覧数を増やすための推奨対策を検討しましょう。推奨対策のボタンをクリックすると、対策をとれるページに移動します。

キャプチャ55

 

閲覧数が少ないために販売が進まず、余剰在庫となる場合があります。このような在庫には、 閲覧数を増やす対策をとりましょう。 まずは、「余剰在庫の管理」のフィルター機能で閲覧数の低い在庫を特定してください。

キャプチャ888

 

対策 ①検索キーワードの改善

改善が必要な理由: 適切なキーワードが指定されていない ため購入者の商品検索でヒットせず、 商品ページが閲覧されにくい。 推奨対策ボタンをクリックすると: 検索キーワードを修正できる画面に 遷移します。 検索キーワードの設定方法については、 出品大学内の「商品検索対策(検索キーワード)」をご覧ください。

22

 

対策 ②スポンサープロダクトを利用

スポンサープロダクトとは: 出品中の商品をAmazon.co.jp内に、広告掲載できるサービスです。検索では ヒットしないような商品も、広告を利用 することで閲覧数の増加が期待できます。

推奨対策ボタンをクリックすると: スポンサープロダクトを利用開始している場合、設定画面に遷移します。 設定方法については、出品大学内の「スポンサープロダクト(概要)」をご覧ください。

 

「転換率」の低い在庫を減らす

閲覧数があっても購入につながらないと、余剰在庫になる場合があります。このような在庫には、転換率を高める対策をとりましょう。 まずは、「余剰在庫の管理」のフィルター機能で転換率の低い在庫を特定してください。

8

 

次に、在庫一覧の右側に表示される、転換率を高めるための推奨対策を検討しましょう。

44

 

対策 ①価格調整

転換率を高めるには: 商品価格がカート獲得価格でない場合、 価格を同等、もしくはそれ以下にすることは、 在庫を売り切るために有効な方法の1つです。

推奨対策ボタンをクリックすると: 商品価格を変更できる管理画面に遷移します。 転換率を高めるための価格設定について詳しくは、 出品大学「競争力のある価格設定」をご覧ください。

 

対策 ②商品詳細ページの改善

改善が必要な理由: 商品の詳細情報の記載がない、もしくは 誤っている場合、お客様の購入判断材料が限られ、購入の可能性が低くなるためです。

推奨対策ボタンをクリックすると: 商品詳細を編集できる画面に遷移します。

 

「長期保管在庫手数料」対象商品を減らす

「長期保管在庫リスト」 を利用します。「在庫健全化ツール」の指標「保管日数一覧」をクリックしてください。

21

* FBAでは毎年2月15日と8月15日に、365日以上保管されている在庫に対し10cmx10cmx10cmあたり174.857円の長期在庫保管手数料を半年ごとに課金しています。

 

次期の長期保管在庫手数料の対象在庫を、事前に売り切る対策を取りましょう。 対象商品点数を見極めるには、商品ごとに記載している保管期間の内訳をご覧ください。

65

次期の長期保管手数料課金日( 2月15日、もしくは8月15日)までの日数を計算して、現在持つ在庫のうち何点が課金対象になるか把握しましょう。

 

まとめ

最後に、在庫状況の確認を習慣化しましょう。継続的に在庫状況を確認する習慣を作ることで、余剰在庫を削減し、無駄な費用の 支出を削減することが期待できます。 本資料で紹介した「閲覧数の少ない商品」「転換率の低い商品」「次期の長期保管在 庫手数料の対象商品」は、在庫健全化ツールの「注意」にも表示されます。

 

 - アマゾンセラー情報