急増する転売チケット、現在のチケットキャンプ(チケキャン)評判、危険度はどうなるのか?

   

最近、主催者側による転売チケット対策がかなり強化されていますね。今回は、チケット転売対策の最近の動向について記載します。ちなみに、主催者、警察側が転売確認もしくは、被害届を提出されたら、一般人は即逮捕されていますね。

 

USJのワンピース・プレミアショーチケット対策

TVでは、おなじみのワンピースです。USJのショーはみたことがあります。
ユニバーサルでは、ワンピース・プレミアショー、ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D、デスノート・ザ・エスケープが7月1日から9月4日まで開催されています。今回は、USJワンピースショーのチケットが大変人気があるために、ダフ屋の転売のターゲットにされています。

 

ご注意ください!チケットの転売は固く禁止されています。
転売チケットはパークで利用できません

P1010491

USJのワンピース・プレミアショーの人気は、あるのでチケットが取れなかったとお悩みの方は、前売り券を買うしかない。USJのワンピース・プレミアショーは、一般のファンと転売屋のチケット争奪戦になっています。現在もチケットキャンプなどで転売がありますので買わないほうがいいです。また、可能性は薄いですが、「プレミアショー・チケットセンター」で電話をして当日販売を確認しましょう。

現在、「チケットキャンプ」などチケット売買サイトやインターネットオークションサイト等において、ワンピース・プレミアショーのチケットやエクスプレス・パスなどの、各種パークチケットの転売を確認しています。転売者がパークより購入したチケットは、追跡および特定の上、順次無効化しています。転売サイトで購入したチケットはパークでは使用できませんので、絶対に購入しないようご注意ください。
また、転売者が購入したすべてのチケット(転売対象となっているか否かに関わらず)について無効化(入場もしくは使用できなくなる措置)し、返金も行いません。
転売目的の購入は固くお断りします。無効化されることを知りながら転売行為を継続した場合、詐欺罪に問われることがあります。

 

 

スポーツ界のインターネットオークション等でのチケット転売行為の対応について

P1010595

今年から大がかかりな転売対策が野球界、Jリーグで注意喚起をされています。
ファンからの転売につきましてのご報告があり、転売行為をされていると判断された場合は、厳罰、インターネットオークション、金券ショップ、チケット流通サイト等での当日の入場を制限される。

ドコモが転売防止目的で「ネットワーク利用制限」をする

NTTドコモが、ついに転売などで不正に入手された端末の利用を制限する「ネットワーク利用制限」の対象端末を6月1日以降から開始する。転売目的で購入して代金を踏み倒す不正契約を防止させるねらいがある。

「ネットワーク利用制限」とは
「ネットワーク利用制限」は、盗難や書類の偽造などで不正に入手された端末の、ドコモ網への接続を制限する措置。契約ではなく端末に対して実施される措置となる。

 

 

「チケット転売する」で詐欺容疑で逮捕される

インターネットで合法などいった言葉を信じると、かなり痛めにある事例です。アイドルグループのコンサートチケットを転売するとツイッターで書き込みをして、チケット転売を販売した一般人が逮捕された。警察側もばかではないので年々転売チケットによる逮捕者が増加していますので注意しましょう。

 

 

ダフ屋の転売のターゲットにされそうなチケット予想

東京ディズニーランド、ウエスタンランドに新エリア「キャンプ・ウッドチャック」11月22日からのチケット、名古屋市内に来年の4月1日にオープン予定の「レゴランド・ジャパン(LEGOLAND)」レゴブロックを用いたテーマパークのチケットが標的になりそうな気がします。

ちなみに、ディズニーランド側では、『チケットは公式ウェブサイトか電話、指定した販売代理店でのみ販売している。他の手段で入手したチケットでは入園できる保証はない』とされています。

 

まとめ

今回は、チケットキャンプ(チケキャン)評判、危険度を調べてみました。

 - チケットキャンプ情報