アマゾンVSメーカーの最前線(5年後の未来)

   

 

Amazonで販売しているメーカーや問屋に現在の意見を聞きにいきました

 

Amazonで販売を行っているメーカーの戦略に変化

最近、アマゾンが販売業者から仕入ていたものをメーカーから変えるケースがふえてきました。

アマゾンが直接メーカーから仕入れることになり、現場のスーパー、問屋街、卸問屋、問屋町などの経営が岐路に立たせてれています。

現在のメーカーの対アマゾン戦略をうかがいました。

 

メーカーのパターンは3つある

アマゾンで販売しているとリスクとして、どうしても低価格になってしまうことがあげられます。

その為、実店舗への影響力が計り知れなくメーカー側としては、対アマゾン対策を立てているのではないかと推測されます。

・実店舗に被害出さないため、アマゾンとの契約を破棄する所。

・アマゾンの推移を見守りながらネット価格の仕切値段を上げる所。

・アマゾン販売を継続する所。

 

Amazonで販売するにしたがってメーカーの利益が薄くなる

問屋、メーカーも利益を出したいが、アマゾンで販売することによって値段の下落という負のメリットが強くなることがあげられるのではないだろうか。

問屋のよく売れている商品リストもアマゾンが全部にぎるのでますますひあがってしまう。

結果、いきすぎた価格競争が実店舗におよび最後には日本政府が対策をせざる負えない状況がくるとおもいます。

 

Amazonを利用する消費者にはとくなようなきがする・・・・

消費者からみれば、アマゾンが安いとおもいとくなようきがする。しかし、実際は、日本の実店舗がなくなるじたいになりそこでこまるのではないか。また、アマゾンが問題なのは、商品管理の徹底がどこまでされているのかである。その点を踏まえると今後消費者庁が関与する可能性はきわめてたかい。

 

アマゾンがメーカーとの直接取引を非公開から突然公開した

アマゾン仕入れの取引が非公開から公開型へなった。自分もアマゾンが最近メーカーとの直接取引募集を公開したのをつい最近知りました。これから、ますますアマゾンはメーカーとの直接取引をめざすことでしょう。

 

せどり業界はなくなる可能性もあるかも

アマゾンがオンライン上のメーカーをすべて抑えたたらせどり業界がなくなる可能性もあるかもしれません。なぜなら、せどり業界はある意味メーカーとの取引によって成り立っているからです。ある日突然メーカーから拒否をされると未来はすぐそこかもしれません。管理人は、そうならないことをせつに願うばかりです。

 

 - アマゾン世間ニュース