レオナルド・ダ・ヴィンチとジャンヌオルタの物語とは

   

『Fate/Grand Order』の期間限定イベント『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』で、登場する自由奔放な『ダ・ヴィンチ』とジャンヌダルクオルタについて書物を調べてみました。

 

ダ・ヴィンチとは

『Fate/Grand Order(FGO)』にて、登場する『ダ・ヴィンチちゃん』とは、キャスターのサーヴァントとしてカルデアに召喚されてマシュたちをサポートしている存在です。
真名はもちろんおなじみの芸術家「レオナルド・ダ・ヴィンチ」です。地元の美術館や学校の歴史の教科書に必ず出てくる偉人です。

 

『レオナルド・ダ・ヴィンチ』とは

展示会でよくある解説の話としては、イタリアが生んだ天才画家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)です。世界では、「万能の天才」と呼ばれ、ルネサンス時代の巨匠とも呼ばれています。
テレビドラマの『モナリザの微笑』で、「モナ・リザ」や「最後の晩餐」などのモチーフにした絵画が有名です。
アニメだと、新TVシリーズ『ルパン三世』 第14話「モナリザを動かすな」があります。
生前の彼の評価は一貫であり、王族から高い評価を受けています。また、日本美術館だと、模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画などに関する作品・資料などが見れます。

Fate/Grand Orderでは

カルデアで召喚された英霊でキャスターのクラスです。
見た目は、女性なのでリアルな書物などを知っている人は首をかしげそうな気がします。容姿をみれば、「モナ・リザ」を再現だとわかります。カルデアの技術局特別名誉顧問として、マシュ達主人公をサポートしたり、「ダ・ヴィンチ工房」の店主も運営しています。まさに、変態ということで片づけましょう。

宝具は、「万能の人」

ジャンヌダルクオルタとは

―――神がおわしぬすならば、私には必ずや天誅がくだるでしょう

シャルル7世の裏切りより捕らえられたジャンヌは、教会により異端者の烙印を押して魔女扱いにされた。自分を裏切ったフランスに憎悪とすべての救済が過ちだったとしてフランスを滅ぼそうとするもう一人のジャンヌです。ちなみに、もう一人の善ジャンヌ・ダルクに対しては強い憎悪をもっています。真名はジル・ド・レェが聖杯でつくりだした新たなジャンヌです。

 

ジャンヌダルクとは

日本の教科書でも有名な人物です。彼女が登場したのはフランスが百年戦争の終盤です。当時のフランス国内はあれていて、王太子シャルルが王に即位できないほどだった。そんなときに、1428年にジャンヌが『神の声』を聞いたと語ったことから始まり、オルレアン解放をなし遂げたが最後は火刑にかけられる。

 

Fate/Grand Orderでは

召喚された英霊のクラスはアヴェンジャーです。

宝具は、吼え立てよ、我が憤怒(ラ・グロンドメント・デュ・ヘイン)です。

 - 野球情報