チケキャンの最新ダフ屋、転売の違法出品対策のまとめ

   

最近、TVでダフ屋関連のニュースが出てきます。最近放送が多くなったのは、主催者側がチケットの利用規約で転売禁止を強化しているからです。それでも、SNSで『チケット売って下さい』という書き込みがあります。このダフ屋仕組みとしては、どうしてもこのライブにいきたいと思う熱狂的なファンがいるからチケット転売が成り立つからです。今回は、チケット転売のネット取引全般の違法対策事例集を紹介します。

 

よく聞くダフ屋チケット値段とはなにか?

昔ながらにいたのですが、テンプレートになりますが、転売する目的でチケットを売買を行う人達です。そもそも、ダフ屋行為を禁止させる始まりはアウトローの資金源立つために地方自治体の迷惑条例などで規制されたことが始まります。

 

最近のチケット転売問題の傾向は何か?

もっともな要因としては、せどり、転売みたいな副業の感覚の人たちが人気アーティストのチケットをダフ屋みたいに転売してチケットの値段が高くする。これが、社会的な問題をおこして一般のファンからバッシングがおこるためです。そのために、主催者側がネットオークション、アプリなどを規制して警察の逮捕者が増えているのが現状です。

 

チケットキャンプ事務局の最新とりくみとは?

ダフ屋行為を禁止する東京都の公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

 実際に、東京都の条例でダフ屋を取り締まる法令です。
(目的)
第一条 この条例は、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もつて都民生活の平穏を保持することを目的とする。
(乗車券等の不当な売買行為(ダフヤ行為)の禁止)
第二条 何人も、乗車券、急行券、指定券、寝台券その他運送機関を利用し得る権利を証する物又は入場券、観覧券その他公共の娯楽施設を利用し得る権利を証する物(以下「乗車券等」という。)を不特定の者に転売し、又は不特定の者に転売する目的を有する者に交付するため、乗車券等を、道路、公園、広場、駅、空港、ふ頭、興行場その他の公共の場所(乗車券等を公衆に発売する場所を含む。以下「公共の場所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公共の乗物(以下「公共の乗物」という。)において、買い、又はうろつき、人につきまとい、人に呼び掛け、ビラその他の文書図画を配り、若しくは公衆の列に加わつて買おうとしてはならない。
2 何人も、転売する目的で得た乗車券等を、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に、売り、又はうろつき、人につきまとい、人に呼び掛け、ビラその他の文書図画を配り、若しくは乗車券等を展示して売ろうとしてはならない。

ダフ屋行為を禁止する大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

こちらは、大阪府の条例でダフ屋を取り締まる法令です。

 (乗車券等の不当な売買行為(ダフヤ行為)の禁止)

第二条 何人も、乗車券、急行券、指定券、寝台券その他公共の運送機関を利用し得る権利を証する物又は入場券、観覧券その他公共の娯楽施設を利用し得る権利を証する物(以下「乗車券等」という。)を不特定の者に転売し、又は不特定の者に転売する目的を有する者に交付するため、次に掲げる行為をしてはならない。

 乗車券等を、公衆に発売する場所において、買い、又は公衆の列に加わって買おうとすること。

 前号に掲げるもののほか、乗車券等を、道路、公園、広場、駅、空港、頭、興行場、飲食店その他の公衆が出入りすることができる場所(以下「公共の場所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公衆が利用することができる乗物(以下「公共の乗物」という。)において、買い、又は人を勧誘して買おうとすること。

2 何人も、転売する目的で得た乗車券等を、公共の場所又は公共の乗物において、不特定の者に、売り、又は人を勧誘して売ろうとしてはならない。

消費者庁の特定商取引法の改正された

今年のポイントはこちらになります。消費者庁が特定商法を改定されたために、今まで以上にチケット転売の取り締まりがきつくなりました。この条文により、警察の逮捕の拡大が大幅に広がったので今までは逮捕されることがないことでも取り締まりが可能になったということです。

特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という。)上の商品等の通信販売をする事業者には、 必要的広告表示事項の表示(同法第11条)及び誇大広告等の禁止(第12条)等の義務が課せられ ている。インターネット・オークションを通じて販売を行っている場合であっても、営利の意思を持 って反復継続して販売を行う場合は、法人・個人を問わず事業者に該当し、特定商取引法の規制対象 となる。

インターネット・オークションでは、個人が不要品や趣味の収集物等を多数販売するという実態 2 を考慮する必要があるが1 、例えば、以下の場合には、特別の事情がある場合を除き、営利の意思を 持って反復継続して取引を行う者として販売業者に該当すると考えられる。但し、これらを下回っ ていれば販売業者でないとは限らない。商品の種類によっても異なるが、一般に、特に、メーカー、 型番等が全く同一の新品の商品を複数出品している場合は、販売業者に該当する可能性が高いこと に留意すべきである。

①過去1ヶ月に 200 点以上又は一時点において 100 点以上の商品を新規出品している場合 但し、トレーディングカード、フィギュア、中古音楽CD、アイドル写真等、趣味の収集物を 処分・交換する目的で出品する場合は、この限りではない。

②落札額の合計が過去1ヶ月に 100 万円以上である場合 但し、自動車、絵画、骨董品、ピアノ等の高額商品であって1点で 100 万円を超えるものにつ いては、同時に出品している他の物品の種類や数等の出品態様等を併せて総合的に判断される。

③落札額の合計が過去1年間に 1,000 万円以上である場合

 

主催者側のチケット転売規約

チケットぴあでもヤフオク、メルカリなどの転売行為は禁止されています。それでも、転売チケットは出品されていますけどね。

 

チケットぴあ会員規約第11条:(禁止事項)

会員は、以下の行為を行ってはならないものとします。以下の行為が判明した場合、当社または興行主催者が自らの判断で購入済みのチケットを無効とし、チケット代金の返金を認めず、入場を認めないことがあります。既に入場している場合には退場を命じられることもあります。

当社から購入したチケットまたはチケット引換え時に必要な番号を、営利を目的として第三者に転売、または転売のために第三者に提供する行為チケット券面金額より高い価格で転売し、または転売を試みる行為、オークションまたはインターネットチケットオークションにかけて転売し、または転売を試みる行為

ファンクラブなどの禁止事項
1. 当社または興行主催者が自らの判断で購入済みのチケットを無効とし、チケット代金の返金を認めず、入場を認めないことがあります。既に入場している場合には退場を命じられることもあります。
a. 当社から購入したチケットまたはチケット引換え時に必要な番号を、営利を目的として第三者に転売、または転売のために第三者に提供する行為
b. チケット券面金額より高い価格で転売し、または転売を試みる行為、オークションまたはインターネットチケットオークションにかけて転売し、または転売を試みる行為

チケットの転売は、違反行為となります。一般発売・ファンクラブ発売にかかわらず、転売はアーティストの権利を侵害するもので、一般発売・ファンクラブ発売でオークションが発覚した場合、転売者の情報を各プレイガイド及び当FCにて共有できるものとします。万一、当FCの会員が、一般発売で購入したチケットを転売した場合、転売したチケットは無効となり、更にその会員が当FC経由で購入したコンサートチケットも無効とさせていただくほか、コンサート当日は入場をお断りします。この場合、転売したチケットを購入した側も入場をお断りします。尚、金券ショップ等への転売、購入も同様の扱いとなりますのでご注意願います。私設ないし個人のSNS等を通じたチケットの取引で生じたトラブル(コンサート当日の入場拒否等。)について、当FCは一切の責任を負いません。又、転売行為が発覚した場合、会員規則16条に則り、退会処分とします。

 

主催者側の転売対策のまとめ

ダフ屋の規制には、主に4項目の規約が盛り込まれるようになりました。主催者側は、ダフ屋に対して厳しく対応しています。

・チケットが申込者本人のものかを確認するために身分証明書の提示を求められる。
・インターネットオークション又はダフ屋などの営利目的で転売されたチケットを所持している。
・正規の販売代金以上の金額で購入したチケット。
・会場において、主催者のスタッフの指示に従わない。

 

警察庁の統計からどのくらい転売者が逮捕されているか?

以下の記事は下記の記事を参照してください。
[blogcard url=” http://xn--b9j2a1g.asia/post-app/” title=”チケットキャンプ評判で転売者の逮捕の噂って実際はどうなのか?”]

主催者側がぞくぞくとチケット転売の規制をする訳とは?

今年、USJが高額チケット転売を規制した時に、高騰していたチケットの値段が元に戻りました。この成果を見た他の主催者側がまねをして規制に踏み切っているというわけです。また、事前にネットで転売されたチケットを無効にして、SNSで話題になるためにある程度の抑止力があると思っています。
これから主催者側は、転売チケットを減らすためにペナルティの強化をして転売者を減らしていくことでしょう。
購入者が特になるかどうかはこれからの取組みしだいということでしょうかね。

 

オークションチケット転売などを規制したい訳とは?

不当に値段のつり上げ行為がおこるために、主催者側の負担が必要以上に増えるからです。チケットの高額化、企業の信頼性などに著しく傷がつきます。あとは、警告書をおくっても改善しないので、強制的に排除するしかないと思っているのでしょうね。USJが高額転売防止のいい事例を作ったのでこれからどんどん増えると思います。警察の検挙率も年々あがっているのでちょうどいいと主催者側が判断しているのでしょうね。なんで、チケット転売は徐々に規制されていると感じられます。

 

チケット転売によって困る人が増えている?

チケット転売のせいで、公共の施設、子供用のものまで関係ないものまで広がりを見せているために現状としては困っている人が増えているのでしょう。事業者としては、容認できなくなっているので規制するしかないなと判断するのが増えているのだと思います。消費者の利益を不当に侵害していますね。これまでのまとめで『チケット転売は禁止せざるえない』と社会的な圧力が強まっているます。

 

まとめ

以上、チケットキャンプなどのチケット転売サイトなどの違法対策事例集まとめを終わります。

参考・引用HP:消費者庁ホームページ、ツイッターより

 

 - チケットキャンプ情報