最近TVなどでチケット高額転売の裏側や記事が多い理由とは!?

      2017/01/31

最近、NHKの「クローズアップ現代+」やニュース番組など取り上げることが多くなってきました。個人的な感想では、東京オリンピックの開催に近づいてどうやらチケット転売関連の放送が増えているみたいだと感じます。今回は、話題の野球チケットとコンサートチケットなどの高額転売の最新の裏側を調査してみました。

 

<SPONSORED LINK>



転売する人は急増している?


本当の事をいうと、先月ある電車内でこんなことが高校生~大学生で話題になっていました。例えば、プロ野球クライマックスシリーズの広島カープチケットをローソンで買い占めようとしていた。嵐などの人気アイドルグループのコンサートを買い占めるためにファングラブに入ったなどです。実情を調べると、転売ヤー、副業の他に、高校生、大学生などの世代でもどうやら転売する人が増えていることがわかってきました。

 

 

なぜ高校生~大学生などがチケット転売に手を出すのか?

高校生、大学生でチケット転売が急増している理由としては、雑誌やTVなどの影響をうけて自分もしてみようとしている人が多いみたいだ。ちなみに、チケット転売を取り締まるコンサート主催者側と警察との対立も年々きびしくなっており転売ヤーも徐々にやりにくなっていることがあげられる。

 

チケット高額転売の手口はどういうのがあるか?

広島カープの転売の取り締まりは年々強化されている。プロ野球クライマックスシリーズのチケットからいえることは、定番のパターンとしては、自分の家族分を頼んで買い占める方法、コンピュータの自動プログラムなどでチケット販売開始と同時に買い占める方法、チケットの売買サイト『チケットキャンプ』などで偽造チケットを流通させるような手である。偽造チケットの区別としては、本物との区別はほとんど付かず、本物は緑色の箇所が光沢の横線が入っている。注意が必要である。被害にあったら、すぐに『チケットキャンプ』の運営に連絡をすることが大切です。最後に、転売ヤーの人口比率では、関西と関東ではどちらが多いのだろうか。ずばり、答えは関東方面の転売ヤーが多いです。

 

高額転売対策で成功している所は?

成功事例としては、USJ、ももクロがチケット高額転売対策に成功をおさめている。あとは、電子チケットで導入をして対策を取っているところも成功をおさめている。去年と今年を比べても転売チケットの枚数が減って来ていることがあげられる。

主催者&警察VS転売ヤーの対決は今どうなっているのか?

チケット転売屋に聞くと、現状は去年よりきびしくなっているとのことです。やはり、チケット転売屋にとっては、今まで逮捕されることがない人が今年捕まったのが衝撃的だといわれています。今年は、転売屋としては、東京オリンピックのこともあり少しずつやりづらくなっている。また、チケット高額転売対策で、新しい法律ができたのでそちらも少しきになっているということです。

 

ファンVS転売ヤーの対決はどうなのか?

 

まとめ

最後に、なぜ最近スポーツのチケット高額転売が多くなってきたのかです。ずばり、人気大手のコンサートチケットの転売対策がきびしくなった為に、警察の手がゆるいスポーツチケットに転売ヤー達が乗り込んできたことがあげられます。こればかりは、時代の流れなんだと思います。

 

<SPONSORED LINK>



 - チケットキャンプ情報