せどり業界の現状って・・・こっそり教えます!?

   

 

せどり業界について調べたい方でしょうか。それでしたら、今の現状をつつみ隠さず、おおまかな全体像をこの記事で伝えるようにしています。

 

せどりとは?

せどりとは、大雑把にいうと、小売業と同じことです。ネット上に店舗を構えて実物の商品を購入して売買する手法です。

 

店舗で古本を売り買いをネットでするだけの手法?

簡単な販売方法を例にあげて、せどりの説明をします。

具体例をあげれると地元の本屋ですね。

地元の本屋は、普段から店頭に本一覧を並べていますよね。それをインターネット上で同じように、画像一覧をずらりと並べることです。店頭で一般の人から売れるように、インターネット上でも同じように購入されることです。商品の仕入れ方法は同じで、店舗で売るのかインターネットで売るのかの違いだけです。

せどりは、初心者の方でも手っ取り早く成果をあげられるのが特徴です。

インターネットで販売するのがせどりの本質なのです。

 

せどりの一番定番な手法は?

上の例では、簡単な比較例をあげましたが、実際のせどりのネタとしては、ブックオフ、イオン、ヤマダ電機などです。

今では、テレビ、新聞、ネットニュース等などでとり上げられています。

一番有名なのが、スターバックス福袋転売事件のスキャンダルが有名でしょうか。

このように、限定モノや古本などに、価値があるのものを高く売ることです。

即金性があり、すぐに報酬があることから簡単です。

*ただし、簡単にできるために、大きな欠点があります。

 

せどりに対する誤解に対して

上の様に、簡単に成果をあげられることから、世間的に認められない行為をする方が後をたたないことがあげられます。しかし、せどりと転売が同じように扱われていますが、それは大きな誤解です。

せどりの本質をしっかり理解すれば、世間に迷惑をかけずに、テレビニュースにのることとはなく、まっとうなビジネスとして続けることが十分に可能だと思っています。

せどりの誤解はそのままにしてもよさそうですがね。

ふつうにせどりをする方法は、説明すると非常に長くなってしまいます。この記事では、全体像を説明するので省略させて頂きます。

 

せどりのガイド準備編

せどりを実践するのに、簡単な手順をまとめました。せどりの全体像をとらえてから開始されることを進めます。

なお、せどりを始める為、必要となる準備を以下にまとめました。各項目の詳細については省略させていただきます。

準備の手順としては、四つの作業が必要です。

  1. アマゾンの出店アカウントの申請と取得
  2. クレジットカード、資金の調達の準備
  3. 商品のリサーチ
  4. 商品の発送と登録

四つの作業について下記に記載いたします。

 

手順①アマゾンの出店アカウントの申請と取得

せどりのはじめかたの基本としてはアマゾンネットショップです。アマゾンのアカウントを持っていない場合は、アマゾンに出店を申請してからアカウントを取得する必要がありますアマゾンに出店するには、自分のアカウント申請が必要となります。まずは、自分でアカウントを申請しましょう。

 

手順②クレジットカード、資金の調達の準備

せどりで、利益を出したいのなら、せどりにまわす資金の調達をしましょう。それがないと、せどりの運営ができません。

 

手順③商品のリサーチ

せどりをおこなうために、アマゾンショップで値段差がある商品をみつける必要があります。

 

手順④商品の発送と登録

商品の発送は慎重に行ってください。ここで、間違えて作業するとあとが大変になります。

私は、アマゾン倉庫に。商品を発送される際に、手順を間違えて着払いで送り返されたことがあります。

ここまで用意ができたら、せどりの実践開始です。

 

せどりの実践編

せどりのはじめる準備ができましたね。それでは、どのように商品を選べばいいののでしょうか。

ネタを仕入れに便利なサイトと基本的なテクニックを紹介します。

  1. モノレート
  2. せどろいど
  3. ショッピングリサーチャー
  4. Google Chrom
  5. Amafee
  1. モノレートとは、ある商品がどれだけ売れたかの期間を確認するの為のリサーチサイトです。
    せどりのテクニックとしては、モノレート波と価格やランキングの状態を調べるのです。
  2. せどろいどは、店舗せどりで必要なリサーチツールです。
  3. ショッピングリサーチャーは、電脳せどりで役に立つツールです。せどりの上級者がほぼ愛用しています。
  4. Google Chrom グーグルクロームの拡張機能と検索スピードが早いのがお勧めです。

5. Amafeeは、商品のおおまかな祖利益計算ができます。

せどりの基本的な実践方法は、商品リサーチをして、商品の売れた際のランキングや売れた波を調べた後、アマゾンに出品するのが基本となります。

 

せどりの応用編

以上が、せどりの基本動作となります。

せどりは、やり方が簡単なので、ある程度やり方をマスターした一通りの作業ができます。

せどりの基本動作を繰り返しながら、確実な成果を上げて自分自身のスキルアップを伸ばしましょう。

 

 

・せどりの命は商品リサーチ

せどりでは、商品の価格差のリサーチが大切です。これを面倒なので敬遠しようとする人もいますが、さぼらずがんばりましょう。

 

商品リサーチの本質を歪曲したマナーが悪いせどりのひとたちがイメージを悪くするばかりかのスキルです。

商品リサーチができないと、せどりはできません。

 

せどりの本来の意味

せどりの本質とは、お客さんに満足してもらえるような商品の提供です。

商品検索方法をやしなって、お客様に満足してもらえるようなサービスを提供するものです。

ネットショップに来た客に心から満足して頂くサービスを提供する。これが、私はネットショップの本来あるべき姿かなと思っています。

お客さんに、サービスをよくすることにより、高い顧客満足を実現させるギブアンドテイクの関係を作るのが信頼につながると思います。

 

プロフェッショナルをめざす

 

以上で、せどりのまとめを終了致します。

 

せどりを実践するにあたっての注意点

ここまで、丁寧な解説を続けました。最後に、せどりを実践する際の注意点をあげます。

ちなみに、せどりのテクニックを教えてる教材や無料レポートはあまたにありますが、リスクについて何も語っていないので危うい感じがあります。

下記の点にご注意ください。

 

せどりのほうわのリスク

せどりの教材や無料レポートでは、あまりふれられていませんがほうわはします。

おそらく、東京近辺以外はすべて飽和の傾向にあります。

条件や商品を取り扱う種類にもよりますが、せどりがむずかしくなっているのが現状です。

現実問題、塾とかありますが初心者の内には手を出さない方がいいです。ご自分を大切にしてください。

 

せどりクレームのリスク

上級者は、ご存知ですが最近の店舗では取り締まりが強化されています。今後も増える傾向にあります。

 

せどりの現状の話

世間やネットで登場しているせどらーさんについてですが、消費庁の担当者の話を聞くと、どういう意味かいえませんが、だいたい知っているとのことです。それだけ、せどりの現状がきびしく、本物コンサルタントがいないともとれますね。

以上で終わります。

 

 - Amazon流ビジネス